はじめまして。川中れいあです。

福岡市中央区薬院で、大人の女性 占いサロン「Rheia Salon」とネイルサロン「YEBISU Nail」を営業しています。

今回から、さまざまな占いや陰陽五行・風水などに関する〇〇をご紹介します。

毎月の吉方位や吉日取り、そして吉方位おすすめのお出かけ情報やグルメスポットなどもご紹介していこうと思っていますので、どうぞお付き合いください。


さて、11月15日のイベントといえば、七五三(しちごさん)

日本中のあちこちで、神社やお宮に参拝する家族連れを見かけますね。


SAKURAKO – The Seven-Five-Three Festival. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

日本の年中行事のひとつ 七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝うハレの日。起源は平安とも室町時代ともいわれます。

当時は子どもの死亡率が高く、3歳まで育つのは大変でした。そのため、土地の氏神様に無事な成長への感謝と、これからの加護を祈ったのが七五三の始まりとされています。

年齢ごとに、儀式が定まってきたのは江戸時代。

七・五・三なのは、昔から奇数がおめでたい吉数とされたため。

奇数は、陰陽の陽にあたります。

そして陽数は「福・吉兆」という意味を持っています。


では、なぜ11月15日にお祝いすることになったのでしょう?

諸説ありますが、二十八宿という選日法で、最も良いとされる「鬼宿日」にあたっていた11月15日に、徳川三代将軍家光が、子どもの徳松(後の五代将軍綱吉)が病弱であることを心配し、成長を祈る儀式を執り行った という説。

徳川五代将軍綱吉が、我が子の成長を祈る髪置の儀式を行ったのが「鬼宿日」の11月15日だった という説などがあります。

 

「鬼宿日」は鬼(死霊)が出歩かない日といわれ、婚礼以外のお祝い事はすべて良いとされている最吉日。

 

昔からお祝い事は、しっかりと吉数・吉日を選んでいたのですね。

お子様の成長を祝う七五三の行事。

今年2015年11月15日は、日曜日

そして、

11月の鬼宿日は、20日 金曜日です

現在では、日にちにこだわらず、土日祝日にお祝いすることも増えています。

今年、お子様の七五三を迎えるという方は、15日や鬼宿日が難しくても、神様に感謝して、ぜひご家族で祝ってあげてくださいね。これからの健やかな成長をお祈りしています。

 

☆11月のラッキー方位
(~12月7日夕方まで):最大吉 東(特に仕事運、財運up)、大吉 北

☆ラッキーカラー
ブルー、緑、黒

☆今月の注意ポイント
家の大幅な模様替えやリフォーム建て替えは気をつけて行いましょう。

あまり家の中を扱わないほうが良いため、急がない方は来月にまわすことをおすすめします。

薬院 占いサロン「Rheia Salon
四柱推名鑑定士 川中 れいあ